身体障害者福祉司

身体障害者福祉司

投稿日:

福祉事務所などで、身体障害者に関する専門的知識を活かして、日常生活、施設入所などの相談に応じて、必要な助言や指導を行います。

身体障害者福祉司とは

身体障害者福祉司は 身体障害者更生相談所や福祉事務所で、身体障害者の福祉に関して福祉事務所員に技術指導を行い、身体障害者の相談・調査・更生援護の要否や種類の判断、本人への指導等の業務のうち、専門的技術が必要な仕事を行う仕事です。

施設利用者が医療を受けたいときや義手や義足が必要なとき、施設に入所して訓練を受けたいとき、その他に、日常生活や職業上のことで困っているときに相談に応じて、適切なアドバイスを行います。

身体障害者福祉司の仕事に5年間従事すると、社会福祉士の受験資格を得ることができます。

身体障害者福祉司の資格

身体障害者福祉司は地方公務員にあたる事務吏員、または技術吏員になります。

身体障害者福祉法に規定されている任用資格で、職務に就くためには下記のいずれかに該当していなればなりません。

1.社会福祉主事任用資格をもち、身体障害者の更生援護等に関する事業に2年以上従事した経験のある者

2.大学などで、厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者

3.医師

4.身体障害者の更生援護の事業に従事する職員を養成する厚生労j働大臣指定の施設を卒業した者

5.1~4 に準ずる身体障害者福祉司に必要な学識経験のある者

身体障害者福祉司の就職

身体障害者福祉司として就職するためには、都道府県や市区町村が行う公務員試験に合格した後、任用資格をもつ者が配置されます。

必ずしも希望どおりに配置されるとは限らず、行政職や事務職に携わったあと、人事異動によって身体障害者福祉司に配置される場合もあります。

身体障害者福祉司の職場

身体障害者福祉司の職場としては福祉事務所や身体障害者更生相談所が主な職場になります。

-身体障害者福祉司

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2020 AllRights Reserved.