社会福祉士

社会福祉士とは

更新日:

社会福祉士とは福祉分野ではわが国初の国家資格で、昭和62年5月の第108回国会にて制定された「社会福祉及び介護福祉法」で位置づけられた、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。
日常生活において身体や精神の障害に直面した人やその家族が、安心して日常生活をできるように、心理・社会的な援助といった様々な方法を用いて相談・支援を行なう社会福祉の専門職です。
「社会福祉士及び介護福祉法」によると、「社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること、又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。」とされています。

ユーキャンの社会福祉士講座

社会福祉士の資格を取得するには、国家試験を受験し合格しなければいけませんが、受験する為には「受験資格」が必要になります。

社会福祉士国家試験の受験資格について

1.福祉系大学(4年制)で社会福祉に関する指定科目を修了し卒業した者
2.福祉系短期大学(3年制)で指定科目を修了し卒業した者、
ならびに専修学校の専門課程(3年以上)、各種学校(3年以上)で
指定科目を修了し卒業した者で1年の相談援助実務を経験した者
3.福祉系短期大学(2年制)で指定科目を修了し卒業した者、
ならびに専修学校の専門課程(2年以上)、各種学校(2年以上)で
指定科目を修了し卒業した者で2年の相談援助実務を経験した者
4.児童福祉司、身体障害者福祉司、査察指導員、知的障害者福祉司、
老人福祉指導主事、の実務が4年かつ短期養成施設等で、6ヶ月以上を修了した者
5.福祉系大学(4年制)で基礎科目を修了して卒業し、
短期養成施設等で、6ヶ月以上を修了した者
6.福祉系短期大学(3年制)で基礎科目を修了し卒業した者、
ならびに専修学校の専門課程(3年以上)、各種学校(3年以上)で
基礎科目を修了し卒業した者で、相談援助実務1年を経験し、
さらに短期養成施設等で、6ヶ月以上を修了した者
7.福祉系短期大学(2年制)で基礎科目を修了し卒業した者、
ならびに専修学校の専門課程(2年以上)、各種学校(2年以上)で
基礎科目を修了し卒業した者で、相談援助実務2年を経験し、
さらに短期養成施設等で、6ヶ月以上を修了した者
8.一般大学(4年制)を卒業し、一般養成施設等で1年以上研修を受けた者
9.一般短期大学(3年制)を卒業し、相談援助実務1年を経験し、
さらに一般養成施設等で1年以上研修を受けた者
10.一般短期大学(2年制)または、高等専門学校を卒業した者で、相談援助実務2年を経験し、
さらに一般養成施設等で1年以上研修を受けた者
11.指定施設で、相談援助実務4年を経験し、
さらに一般養成施設等で1年以上研修を受けた者

指定科目

1.人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目
2.現代社会と福祉
3.社会調査の基礎
4.相談援助の基盤と専門職
5.相談援助の理論と方法
6.地域福祉の理論と方法
7.福祉行財政と福祉計画
8.福祉サービスの組織と経営
9.社会保障
10.高齢者に対する支援と介護保険制度
11.障害者に対する支援と障害者自立支援制度
12.児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
13.低所得者に対する支援と生活保護制度
14.保健医療サービス
15.就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、更生保護制度のうち1科目
16.相談援助演習
17.相談援助実習指導
18.相談援助実習

基礎科目

1.人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目
2.社会調査の基礎
3.相談援助の基盤と専門職
4.福祉行財政と福祉計画
5.福祉サービスの組織と経営
6.社会保障
7.高齢者に対する支援と介護保険制度
8.障害者に対する支援と障害者自立支援制度
9.児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
10.低所得者に対する支援と生活保護制度
11.保健医療サービス
12.就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、更生保護制度のうち1科目

社会福祉士試験の情報

申込期間

 9月上旬~10月上旬

試験期日

 毎年1回(1月下旬の日曜日)
 

試験地

 
 北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

試験科目

 人体の構造と機能及び疾病、 心理学理論と心理的支援、 社会理論と社会システム、 現代社会と福祉、 地域福祉の理論と方法、 福祉行財政と福祉計画、 社会保障、 障害者に対する支援と障害者自立支援制度、 低所得者に対する支援と生活保護制度、 保健医療サービス、 権利擁護と成年後見制度、 社会調査の基礎、 相談援助の基盤と専門職、 相談援助の理論と方法、 福祉サービスの組織と経営、 高齢者に対する支援と介護保険制度、 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度、 就労支援サービス、更生保護制度

受験手数料

 社会福祉士のみ受験する場合: 7,540円
社会福祉士と精神保健福祉士を同時に受験する場合: 20,020円(イコール社会6,830円プラス精神13,190円)
社会福祉士の共通科目免除により受験する場合: 6,360円
○社会福祉士試験の問合せ先
 財団法人 社会福祉振興・試験センター
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6 SEMPOSビル
 TEL 03-3486-7559

社会福祉士の主な職場は下記になります
1.地域保健法に規定する施設(保健所)
2.児童福祉法に規定する施設 (児童相談所、児童養護施設、知的障害児施設等)
3.医療法い規定する施設 (病院、診療所等)
4.身体障害者福祉法に規定する施設(身体障害者更生相談所、身体障害者療護施設等)
5.精神障害者福祉に関する法律に規定する施設(精神保健福祉センター等)
6.生活保護法に規定する施設(救護施設、更生施設等)
7.社会福祉法に規定する施設(福祉事務所)
8.売春防止法に規定する施設(婦人相談所、婦人保護施設等)
9.知的障害者福祉法に規定する施設(知的障害者更生相談所等)
10.老人福祉法に規定する施設(養護老人ホーム、老人福祉センター等)
11.母子及び寡婦福祉法に規定する施設(母子福祉センター)
12.介護保険法に規定する施設(介護老人保健施設)

社会福祉士国家試験を独学で合格するのは容易な事ではありません。

専門的な学校へ通うのが1番かもしれませんが、なかなか時間や金銭的な都合がつかない方も多いのではないでしょうか?
そんな方には、自宅で好きな時間でできる通信講座がありますが、講座受講費用は決して安いものではありません!
まずは無料の資料請求をして、じっくりと研究することから始めて見てください。


資料請求をして送られてくる資料では、社会福祉士国家試験に関する情報、
学習方法などさまざまな有益な情報を手に入れる事もできます。
各企業が独自に入手している情報や、国家試験対策ノウハウ、
効率的な学習方法やカリキュラムが無料で手に入れることが可能なのです。

無料の有益な情報を今すぐ手に入れてご活用ください。
教育訓練給付金制度対象の講座もありますのでご確認下さい。

会社名 ユーキャン
講座名 ユーキャンの社会福祉士講座
一括支払金額 59,000円
分割払 月々4,980円
分割払合計 59,760円
受講期間 7ヶ月
添削回数 6回
特徴 試験によく出る箇所を重点的に学習!
ムダなく効率よく実力をつけられます。
画期的な“ヒアリング学習法”で、
試験に必要な知識がしっかり脳に記憶されます。

-社会福祉士
-

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2019 AllRights Reserved.