作業療法士

作業療法士とは

更新日:

作業療法士 (OT:Occupational Therapist)
病気や事故により生活能力に障害を受けた方、身体や精神に障害のある人に対し、社会生活や日常生活でできるだけ自立した生活ができるように、作業活動や運動療法を用いて治療を行う人です。
理学療法士と同じくリハビリテーションの一翼を担う重要な資格で、障害者の機能の回復、維持、開発を促す専門家です。

作業療法士になるには、国家試験に合格しなければなりません。
○受験資格
1.作業療法士養成学校または、養成施設で3年以上修学し、必要な知識や技術を修得する。
2.理学療法士の資格がある人は文部科学大臣指定校か、厚生労働大臣指定の養成学校で、
2年以上の作業療法士の知識や技術を修得する。
3.外国の作業療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で作業療法士の免許に
相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が前2項に掲げる者と同等以上の知識及び技能
を有すると認定したもの。

試験期日

筆記試験2月下旬(平成28年度)
口述、実技試験2月下旬(平成28年度)

試験地

筆記試験・・・北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県
口述試験、実技試験・・・東京都

試験科目

①筆記試験
一般問題・・・解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法
実地問題・・・ 運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法
②口述試験および実技試験
重度視力障害者に対して、筆記試験の実地問題に代えて次の科目について行う。運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法

国家試験の問合せ先

作業療法士国家試験臨時事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目20番5号
電話番号 03-5200-5859

作業療法士の職場

作業療法士の主な職場は下記になります。
総合病院、リハビリテーションセンター、保健センター、介護保健施設、介護福祉施設
肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、身体障害者療護施設、特別養護老人ホーム、
老人デイサービスセンター

 

-作業療法士
-

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2020 AllRights Reserved.