母子指導員・少年指導員

母子指導員・少年指導員

投稿日:

母子指導員・少年指導員は母子生活支援施設で暮らす母子に対し、相談や助言など生活面、精神面をサポートし社会的自立の手助けをする仕事です。

母子指導員・少年指導員とは

母子指導員は、母子生活支援施設において、母親への就労援助や日常の育児・家事などの相談に応じたり、前夫や親族との関係改善などを精神面で支援し、関係機関との調整や法的手続きを行います。

少年指導員は、同施設で子どもの日常生活援助を中心に、学習や生活習慣が身につくような行事を立案するなど、親子関係や友人関係をうまく保てるように援助します。

一般に母子生活支援施設は、少人数の職員で対応しており、母子指導員、少年指導員は全てのスタッフと協力しながら、子どもの退所年齢である18歳(最長で20歳)になるまでに自立できるよう、母子双方に対し精神面、生活面の両方から支援する必要があります。

また、入所する親子はさまざまな問題を抱えている場合がほとんどなので、職員は母親、子どもへの指導、援助を行うと同時によき理解者として接することが大切です。

母子指導員・少年指導員の資格取得

母子指導員・少年指導員は公立の施設で働く場合には、地方公務員となります。

母子指導員、少年指導員とも国家資格ではありませんが、母子指導員になるには、以下のいずれかに該当していることが必要になります。

1.厚生労働大臣の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校、その他の養成施設を卒業した者

2.保育士の資格を有する者

3.高校卒業後2年以上児童福祉の仕事に従事した者

※実際の求人の際、保育士や児童指導員任用の資格をもっていることが条件になるのが一般的です。
少年指導員についての規定は特にありませんが、児童指導員任用資格の取得を条件にされることが多いようです。

母子指導員・少年指導員の就職

公立の施設の場合には、各自治体が実施している地方公務員試験に合格しなければいけません。

私立の施設の場合も、各施設の実施している採用試験に合格し仕事に就くことができます。

母子指導員・少年指導員の職場

母子指導員・少年指導員の職場は全国に約290ヶ所ある母子支援施設で働きます。

母子生活支援施設
配偶者との離別等により経済的に生活が困難で、生活上の問題を抱えている母子世帯に生活の場を提供し、保護することを目的としている施設です。母親とその、18歳未満の子どもが世帯として利用します。母親に対して就労援助、生活援助、育児相談などを行い、児童に対しては保育、学習指導などを行います。

-母子指導員・少年指導員

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2017 AllRights Reserved.