介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは

更新日:

介護職員初任者研修修了者は、高齢者や身体障害者など肉体的・精神的に日常生活を送るのに支障のある人の家庭を訪問したり、介護施設内でサービスを提供します。
※2013年4月からホームヘルパー2級の制度が廃止され、「介護職員初任者研修」が新設されています。
介護職員初任者研修修了者の主な仕事内容として
1.身体介護
食事や排泄・衣類着脱・入浴・体位変換・通院の付き添い
2.生活援助
掃除・洗濯・調理・買い物
3.その他
日常生活に関する相談やアドバイスなどの精神面のケア

2013年から新設された研修制度で、それまでのホームヘルパー2級にあたります。
ホームヘルパー2級という資格は無くなり、新たにかわってできたのが「介護職員初任者研修」です。
これまでの訪問介護員1級・2級と介護職員基礎研修修了者は、介護職員初任者研修修了者と見なされます。

介護職員初任者研修について

・厚生労働大臣が定めた基準に基づき、都道府県が指定した事業者が実施する130時間の研修を受講し修了となる
・土日開講や夜間制、一部通信制講座もあるため働きながらの受講も可能(演習など一部の科目での通学は必要)
・認定試験は無いが、研修修了時に1時間程度の筆記による評価試験はあり

研修科目と時間数

1.職務理解・・・6時間
2.介護における尊厳の保持と自立支援・・・9時間
3.介護の基本・・・6時間
4.介護と福祉サービスの理解と医療との連携・・・9時間
5.介護におけるコミュニケーション技術・・・6時間
6.老化の理解・・・6時間
7.認知症の理解・・・6時間
8.障害の理解・・・3時間
9.こころとからだのしくみと生活支援技術・・・75時間
10.振り返り・・・4時間
~その他ステップアップとして~

介護職員実務者研修について

2013年から新設された研修制度で、それまでの訪問介護員1級(ホームヘルパー1級)や介護職員基礎研修にあたります。介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)や旧制度の介護職員基礎研修などの受講者は、受講した研修に応じて実務者研修の一部を免除されます。
3年の実務経験に加えてこの研修を修了すると、介護福祉士国家試験の受験資格を得ることが出来ます。

介護職員初任者研修修了者の主な職場は下記になります。
・老人デイサービスセンター
・介護老人福祉施設
・病院
・障害者のための施設
・公務員として市町村の介護施設など

 

 

-介護職員初任者研修
-, , ,

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2019 AllRights Reserved.