家庭相談員

家庭相談員

投稿日:

家庭相談員について

家庭相談員とは

家庭相談員は、福祉事務所内にある家庭児童相談室において、児童を育てる上でいろいろな問題を抱えている親に対し、助言や指導を行います。

相談としては児童の不登校や学校での人間関係、家族関係、性格・生活習慣の問題、発達や言葉の遅れ、非行など多岐にわたっており、問題を抱えた児童の親だちと直接会って相談にのるほか、電話や手紙などでも対応しています。

児童福祉問題の公的専門機関としては児童相談所が設置されていますが、広域的で対応にも限界があるため、家庭児童相談室は範囲を比較的小地域にして、相談機能を充実させ、気軽に利用してもらうことを目的としています。

家庭相談員の身分

家庭相談員は身分としては地方公務員で、非常勤の特別職となっていますが、常勤で配置されているところも多くなっています。

家庭相談員になるためには、下記のいずれかに該当している必要があります。

1..大学で児童福祉、社会福祉、児童学、社会学、心理学、教育学のいずれかを修めた者

2.医師の免許を有する者

3.社会福祉主事として2年以上児童福祉の仕事に従事した者

4.上記1~3に準ずる者で、家庭相談員の業務に必要な学識経験を有する者

※実際には元教諭や児童福祉行政の経験者が多く任用されています。

家庭相談員の就職

常勤の家庭相談員として就職する場合、公務員試験に合格する必要があります。

非常勤の場合は、福祉事務所をもつ自治体が欠員や新規枠に対して行う試験を受けます。

家庭相談員の職場

身体障害者福祉司の職場としては福祉事務所や身体障害者更生相談所が主な職場になります。

-家庭相談員

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2020 AllRights Reserved.