福祉・介護の仕事情報室 > 福祉・介護の仕事 > 福祉・介護の仕事とは

福祉・介護の仕事とは

福祉・介護の仕事とは職種により仕事の内容は変わりますが、基本的には福祉サービスを必要としている高齢者や障害者などに、専門的な知識と技術によって、その人らしい生活を送ることができるように援助をする仕事です。

知的障害者施設の指導員が、知的障害を待った人が自立した生活をおくれるように介護や指導、援助を行ったり、高齢者施設の寮母が、心身に障害を負っている高齢者の着替え、食事、排泄の世話や、その他の日常生活の介護を行っています。

このような人々相手にしている対人支援サービスが主であり、福祉の仕事におけるやりがいを生んでるといえます。

しかし、24時間体制の施設では早番、遅番の介護サービスを行なっていたり、対人であるがゆえの精神的な厳しさもある仕事でもあります。