福祉・介護の仕事情報室 > 社会福祉士 > 社会福祉士とは

社会福祉士とは

社会福祉士とは福祉分野ではわが国初の国家資格で、昭和62年5月の第108回国会にて制定された「社会福祉及び介護福祉法」で位置づけられた、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。

日常生活において身体や精神の障害に直面した人やその家族が、安心して日常生活をできるように、心理・社会的な援助といった様々な方法を用いて相談・支援を行なう社会福祉の専門職です。

「社会福祉士及び介護福祉法」によると、「社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること、又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。」とされています。


資料請求
【生涯学習のユーキャン】社会福祉士講座