福祉・介護の仕事情報室 > 介護福祉士 > 介護福祉士の資格取得

介護福祉士の資格取得

介護福祉士の資格の取得については、様々な取得ルートがあります。


○実務経験ルート

1.実務経験3年以上かつ実務者研修を受けた者。
※)「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、平成28年度(第29回)介護福祉士国家試験から実務経験ルートによる受験資格は、「実務経験3年以上」かつ「実務者研修修了」の者。
なお、「実務経験3年以上」で、「介護職員基礎研修課程」と「喀痰吸引等研修(3号研修を除く)」の両方を修了している場合、「実務者研修」を修了した者と同様に受験資格となる。

○福祉系高校ルート

1.新カリキュラム(平成21年度以降入学者)で、学校教育法による高等学校または中等教育学校において、社会福祉士介護福祉士学校指定規則別表第5に定める教科目・単位数を修めて卒業した者(卒業する見込みの方を含む)。
この場合は、実技試験が免除されている為、介護技術講習の受講は不要。

2.特例高校等ルート
35単位福祉系高等学校卒業による受験 (平成21~25年度、28~30年度入学者)
34単位(専攻科)福祉系高等学校による受験(平成21~25年度、28~31年度入学者)

学校教育法による高等学校又は中等教育学校であって文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定したもの(特例高等学校等)に入学し、社会福祉士介護福祉士学校指定の教科目・単位数を修めて卒業した後、9ヶ月以上の介護等の実務経験を有する者。

3.旧カリキュラム(平成20年度以前入学者)で、学校教育法による高等学校(専攻科及び別科を除く)において、改正前の社会福祉士及び介護福祉士法施行規則に定める教科目・単位数を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む)・大学へ「飛び入学」した者。
学校教育法による高等学校の専攻科(修業年限2年以上)において、改正前の社会福祉士及び介護福祉士法施行規則に定める科目・単位数を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む)。


○経済連携協定(EPA)ルート

1.実務経験を3年以上受けたEPA(経済連携協定)介護福祉士候補者は、「実務者研修」または「介護技術講習」を修了する必要がある。


○養成施設ルート

1.介護福祉士養成施設2年以上
2.福祉系大学または社会福祉士養成施設等を卒業し、かつ介護福祉士養成施設1年以上
3.保育士養成施設等を卒業し、かつ介護福祉士養成施設1年以上


資料請求
シカトルなら、ニチイ・三幸福祉カレッジ・ユーキャン・ニック教育講座の
一括資料請求が出来て便利です。
シカトルで一括請求