福祉・介護の仕事情報室 > 視能訓練士 > 視能訓練士の資格取得

視能訓練士の資格取得

視能訓練士の資格を取得するには、国家試験を受験し合格しなければいけませんが、受験する為には受験資格が必要になります。

1.高校卒業後、文部科学大臣が指定した学校又は都道府県知事が指定した視能訓練士養成所において、3年以上、視能訓練士として必要な知識及び技能を修得した者(平成28年3月18日(金曜日)までに修業し、又は卒業する見込みの者を含む。)

2.短大以上卒で、視能訓練士養成所(専門学校1年以上)を卒業した者(卒業見込を含む)

3.外国の視能訓練士の学校を卒業し免許を取得した者は、する免許を受けた者で、
  日本の養成学校で学んだのと同等の技術があると厚生労働大臣が認定した者。

4.法施行(昭和46年)の際に視能訓練士養成所を卒業した者。または、その時期に修業中で法施工後に卒業した者。

高校卒業後、全国に28校ある(大学・短期大学・専門学校)、視能訓練士養成施設に入学して、専門的な知識や技能を修得するのが一般的な学習方法です。