福祉・介護の仕事情報室 > 精神保健福祉士 > 精神保健福祉士の資格取得

精神保健福祉士の資格取得

精神保健福祉士になるためには国家試験に合格しなければなりません。

○受験資格

1.保健福祉系大学(4年制)で指定科目を履修し、卒業した者。

2.保健福祉系短期大学(3年制)で指定科目を履修し卒業した後、
  指定する施設で1年の相談援助実務を積んだ者。

3.保健福祉系短期大学(2年制)で指定科目を履修し卒業した後、
  指定する施設で2年の相談援助実務を積んだ者。

4.福祉系大学(4年制)で基礎科目を履修し卒業した後、
  精神保健福祉士の短期養成所で6ヶ月以上修学した者。

5.福祉系短期大学(3年制)で基礎科目を履修し卒業した後、
  指定する施設で1年の相談援助実務を積み、
  精神保健福祉士の短期養成所で6ヶ月以上修学した者。

6.福祉系短期大学(2年制)で基礎科目を履修し卒業した後、
  指定する施設で2年の相談援助実務を積み、
  精神保健福祉士の短期養成所で6ヶ月以上修学した者。

7.社会福祉士の資格保持者で、精神保健福祉士の短期養成所で6ヶ月以上修学した者。

8.一般大学(4年制)を卒業し、精神保健福祉士の一般養成所で1年以上修学した者。

9.一般短期大学(3年制・2年制)を卒業し、指定する施設で1~2年以上の相談援助実務を積み、
  精神保健福祉士の一般養成所で1年以上修学した者。

10.相談援助実務経験が4年あり、精神保健福祉士の一般養成所で1年以上修学した者。