福祉・介護の仕事情報室 > 臨床心理士 > 臨床心理士の資格取得

臨床心理士の資格取得

臨床心理士になるには、日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必須要件となります。ただし資格試験を受けるためには、あらかじめ臨床心理士養成に関する指定大学院または専門職大学院の修了を基本モデルとする“受験資格”の取得が必要です。


○受験資格

1.指定大学院(第1種)を修了し受験資格取得の為の条件を満たしている者
2.指定大学院(第2種)を修了し、1年以上の心理臨床経験を含む所定条件を満たしている者
3.臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
4.諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者
5.医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者

※資格取得後も5年ごとに更新審査が行われ、研修や研究が義務づけられています。

資料請求
【生涯学習のユーキャン】心理学入門

カウンセラーになりたいっ!★ヒューマンアカデミー★
全国教育振興会