福祉・介護の仕事情報室 > 義肢装具士 > 義肢装具士の資格取得

義肢装具士の資格取得

義肢装具士になるには国家試験に合格しなくてはいけません。

○受験資格

1.大学に入学することができる者であって、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所において、3年以上、義肢装具士として必要な知識及び技能を修得した者。

2.大学若しくは高等専門学校、又は養成所において1年(高等専門学校にあっては4年)以上修業し、かつ、厚生労働の大臣指定する科目を修めた者であって、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所において、2年以上、義肢装具士として必要な知識及び技能を修得した者。

3.職業能力開発促進法にもとづく技能検定に合格し、義肢装具士養成施設で1年以上、
  義肢装具士としての知識や技能を修得した者。

※1,2,3いずれも受験年の3月下旬頃までに修業し、または卒業する見込みの者を含む

4.外国の義肢装具の施策適合等に関する学校もしくは養成所を卒業し、または外国で義肢装具士の免許に相当する免許を受けた者で、上記1,2,3に掲げる者と同等以上の知識・技能を有すると認定した者。

5.義肢装具士として必要な知識及び技能を修得させる学校又は養成所であって、法施行の際に義肢装具士として必要な知識及び技能の修得を終えている者又は修得中であって、法施行後にその修得を終えた者。