児童指導員

児童指導員

更新日:

児童指導員は家庭問題や障害など、さまざまな理由で児童福祉施設に入所してくる子どもたちが、健やかに成長できるようにサポートをする仕事です。

児童指導員とは

0~18歳までの児童福祉施設で生活する子どもたちを、保護者に代わり援助、育成、指導するのが児童指導員の主な仕事です。

職場は大半が入所施設になり、適所施設の場合もあります。施設の種類や規模、児童指導員の配置人数、子どもたちの年齢により仕事内容は多少異なりますが、一般的には子どもたちに、洗面、食事、衣服の着脱、排せつなど生活習慣を身につけさせるためのしつけや、スボーツなどのグルーブ活動を通して社会のルールやマナーを学ばせるための指導を行います。

これらを実行するための指導・育成計画の企画立案や施設内の調整、保護者、学校、児童相談所との連絡業務なども大事な仕事のひとつです。

この他、知的障害児や肢体不自由児が入所している児童福祉施設では、施設の性格に応じた専門的知識・技術が求められます。

児童指導員の資格取得

児童指導員になるためには、児童指導員任用資格が必要になります。
試験を受けて取得する資格ではなく、「任用資格」というもので、学校で決められた科目を修得し、卒業後にその資格に関係する職務に就業した場合に申請すると取得できる資格です。
児童指導員任用資格を取得するには、下記のいずれかの項目に該当していることが必要です。
1.厚生労働大臣の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校か、その他の養成施設を卒業した者

2.四年制大学で、心理学・教育学または社会学を修めて卒業した者

3.小・中学校または高等学校の教諭の資格を持つ者であって、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定した者

4.高等学校を卒業した者で、2年以上児童福祉事業に従事した者

5.3年以上児童福祉事業に従事した者で、厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定した者

児童指導員の就職

児童指導員任用資格を取得することが必要です。

その後、公立の施設に勤務する場合には、都道府県や市町村が行う地方公務員に合格、私立の場合は各施設ごとに行う採用試験に合格すると仕事に就けます。

 

児童指導員の職場

児童指導員の職場は、何らかの事情で親元を離れて暮らす子どもたちを預かる施設や、知的障害児、身体障害児の世話をする施設が主な職場となります。

・乳児院 ・児童養護施設 ・盲児施設 ・ろうあ児施設

・肢体不自由児施設 ・肢体不自由児療護施設

・重度心身障害児施設 ・知的障害児施設

・情緒障害児短期治療施設 ・自閉症児施設

-児童指導員

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2017 AllRights Reserved.