介護支援専門員(ケアマネジャー)

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

更新日:

ケアマネージャー介護支援専門員)とは、2000年4月に施行された「介護保険法」の導入により誕生した資格です。
要介護者や家族などからの相談に、その介護者の希望や心身の状況等に応じて適切な介護サービス又は施設サービスを利用できるように市町村、居宅サービス事業者、介護保険施設等との仲介、調整、フォローを行います。
介護保険法では、介護保険施設とケアプラン作成機関には、ケアマネージャーを配置しなければならない規定があります。

ユーキャンのケアマネジャー講座

○介護と医療の資格、全国に500ヵ所の教室開講中学習から就業までサポート。
介護と医療の「まなびネット」のオンライン資料請求(ニチイ)

ケアマネージャー(介護支援専門員)として働くには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修を修了し、かつ介護支援専門員資格登録簿への登録申請が必要となります。
○介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格
※2015年(平成27年)2月、受験資格の改定が決定されました。ただし改定後3年間は、改定前の受験資格で受験することが可能
1. 以下の資格を取得し、実務経験が5年以上その業務に従事した日数が900日以上であること
医師、歯科医師、薬剤師、看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、
社会福祉士、介護福祉士、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士(管理栄養
士を含む。)、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保
健福祉士
2.相談援助業務に従事し実務経験5年以上、その業務に従事した日数が900日以上であること
●2017年までの受験資格となる相談援助業務
以下の施設等において、要介護者等の日常生活の自立に関する相談対応や、助言・指導等の援助を行う業務に従事した期間が5年以上
・老人福祉施設、障害者自立支援法に基づく障害者支援施設
・老人デイサービス事業、障害者自立支援法に基づく共同生活介護
・福祉事務所(ケースワーカー)
・医療機関における医療社会事業(MSW) など
3.介護等業務に従事し 実務経験5年以上その業務に従事した日数が900日以上、または実務経験10年以上その業務に従事した日数が1800日以上
以下の施設等において、要介護者等の介護・介護者に対する介護に関する指導を行う業務に従事した期間が、
①社会福祉主事任用資格者や訪問介護2級研修修了者であれば5年以上、
②それ以外であれば10年以上
・介護保険施設、障害者自立支援法に基づく障害者支援施設
・老人居宅介護等事業、障害者自立支援法に基づく居宅介護  など

ケアマネージャー(介護支援専門員)試験の情報
「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネ試験)」

試験期日

毎年1回 10月~11月

試験地

各都道府県

試験科目

1.介護支援分野・・・介護保険制度の基礎知識、要介護認定等の基礎知識、居宅・施設サービス計画の基礎知識等
2.保健医療福祉サービス分野・・・保険医療サービスの知識等の基礎と総合、福祉サービスの知識等

試験の問合せ先

各都道府県の介護支援専門員研修受講試験担当課

ケアマネージャー(介護支援専門員)の主な職場

○居宅介護支援事務所
介護サービス会社、在宅看護支援センター、
社会福祉法人、医療法人、生協、農協、訪問看護ステーション、
○介護保険施設
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設(老人保健施設)、
介護療養型医療施設

 

 

 

 

 

-介護支援専門員(ケアマネジャー)
-,

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2019 AllRights Reserved.