介護職員

介護職員

更新日:

施設を利用している高齢者や身体に障害のある人の、生活全般をサポートする仕事です。

介護職員とは

介護職員は、高齢者や障害者の日常生活の自立を支援する仕事で、介護サービスの中心を担う職種です。

従来は寮母・寮父と呼ぱれた職種で、最近ではケアワーカーや介護員という呼び方をする施設もあります。

職場である社会福祉施設によって異なりますが、食事や入浴、排せつ、衣服の着脱、移動など生活全般の介助や日誌の作成、各種福祉機器の管理、看護業務の補助、掃除などを行い、更に散歩や買い物を援助したり、誕生会、花見などの行事やレクリエーションを実施する仕事です。

昔は女性が圧倒的でしたが、現在では男性が進出しており、施設によっては何人かの寮父が配置されているところもあります。

介護職員は、入所者の欲求や身体の調子を最も把握しやすい位置におり、生活支援員と協力しながら入所者を援助していくことが求められてます。

ユーキャンの介護事務講座

介護職員の資格

介護職員になるために特に資格要件などはありません。

大学、短大、専門学校などの学歴は必ずしも重視されずに、健康で熱意のある人ならだれでも仕事に就くことが可能です。

最近では、介護福祉士の国家資格を求めるケースも増え、ホームヘルバー養成講習など修了している人など、介護についての知識や技術をもった人材を求める求人も増えています。

高齢者福祉施設の介護職員になるのであれば、ホームヘルバー2級以上をもっていると有利になります。

介護職員の就職

立の場合、公務員試験を受けて合格する必要があります。

私立.の場合、各施設ごとに行う採用試験に合格して就職することになります。

介護職員の職場

身体障害者や高齢者が入所して生活する生活施設と、日中利用する通所型施設が介護職員の職場になります。

主な職場は下記になります。

・特別護老人ホーム ・養護老人ホーム ・軽費老人ホーム

・老人保健施設 ・老人短期入所施設

・身体障害者療護施設 ・身体障害者授産施設

・重度身体障害者更正養護施設 ・老人デイサービスセンター

・救護施設 ・婦人相談所

ユーキャンの介護事務講座

-介護職員

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2019 AllRights Reserved.