認定看護師

認定看護師の仕事

投稿日:

認定看護師とは、特定の看護分野で熟練した技術と知識を持ち、高い水準で看護を行う看護師のことです。
日本看護協会が1996年に設立した資格制度で、医療や看護の高度化によって、より専門的で高い知識や技術を持った看護のスペシャリストが必要とされ始めた事により認定制度が設けられました。
認定看護師の主な役割には次の3つがあります。
1.特定の看護分野において、個人・家族または集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。 (実践)
2.特定の看護分野において、看護実践を通して他の看護職者に対し指導を行う。 (指導)
3.特定の看護分野において、看護職者に対しコンサルテーションを行う。 (相談)
特定の分野は下記になります
・救急看護 ・創傷・オストミー・失禁(WOC)看護 ・重症集中ケア ・ホスピスケア
・がん性疼痛看護 ・がん化学療法看護 ・感染管理 ・訪問看護 ・糖尿病看護
・不妊看護 ・ 新生児集中ケア ・透析看護 ・手術看護 ・乳がん看護 
・摂食・嚥下障害看護 ・小児救急看護 ・認知症高齢者看護

-認定看護師
-

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2019 AllRights Reserved.