言語聴覚士

言語聴覚士の仕事

更新日:

言語聴覚士とは

言語聴覚士(ST:Speech Therapist)は、言語聴覚士法によると、「厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能または聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう」とされています。
聴覚に障害をもった人に対して、機能障害から生じるコミュニケーション障害の程度の評価して、機能の改善や維持、または代わりになるような訓練を行う仕事です。

言語聴覚士の仕事

言語聴覚士(ST:Speech Therapist)は、言語聴覚士法によると、「厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能または聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう」とされています。
失語症や先天的難聴による言語障害など聴覚に障害をもった人に対して、機能障害から生じるコミュニケーション障害の程度の評価して、機能の改善や維持、または代わりになるような訓練を行う仕事です。
医療の現場では、脳梗塞や脳出血による言語障害のリハビリの現場で活躍します。

言語聴覚士になるためには

言語聴覚士になるためには国家試験に合格しなくてはいけません。
○受験資格
1.高校卒業後、言語聴覚士養成学校または養成施設において、3年以上言語聴覚療法の知識や技術を修得する。
2.4年制大学または3年制短大で必要な知識と技術を取得する。
3.一般の大学を卒業し、指定養成所等で2年以上、必要な知識と技術を取得する。
4.海外で言語聴覚士法の学校を卒業したか、免許を取得した人は、厚生労働大臣から日本の養成学校で学んだものと同等の技術があるとの認定を受ける。

言語聴覚士の職場

言語聴覚士の主な職場は下記になります。
総合病院、診療所、リハビリテーションセンター、介護老人保健施設、
訪問介護ステーション、難聴幼児通園施設、聴覚言語障害者更生施設、
児童福祉施設、保健所
言語聴覚士の収入
言語聴覚士の給与は、国公立の病院や施設では公務員の給与体系に準じます。

言語聴覚士を知るリンク集

言語聴覚士の世界 相互リンク
現役の言語聴覚士からのメッセージと情報交換のコミュニティです。
ST・言語聴覚士♪日常のささやかな流れ 相互リンク
ふたりの言語聴覚士(ST)さんの共同Blog。
新米言語聴覚士日記
一般・療養型病床群病院で働く新米言語聴覚士(ST)さんのBlog。
日本言語聴覚士協会
言語聴覚障害の解説、イベント情報、資格取得について。

-言語聴覚士
-,

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2019 AllRights Reserved.