臨床検査技師

臨床検査技師の仕事

投稿日:

臨床検査技師の仕事

臨床検査技師は、医師の指示に従って患者を検査し、病気の診断や治療方針を決定するためのデータを作成します。
検査には赤血球や白血球などの状態を調べる血液検査、尿・便・たん・血液といった検体をもとに、そこから細菌やウィルスなどを探し出す微生物学的検査、試薬を加えて分析する生化学検査などを行なう検体検査と、心電図、超音波、脳波検査、呼吸器官検査などを行なう生理学的検査があります。
現在はほとんどの生化学検査や血液検査は機械化・自動化されており、より、複雑・高度化した生理学的検査機器を使いこなす、専門的な知識と資格の取得が求められています。

臨床検査技師になるためには

臨床検査技師になるためには国家試験に合格しなければなりません。
臨床検査技師を養成する専門学校(3年)、医療系の短大(3年)、保健衛生学部や薬学部など衛生関連学部に臨床検査技師養成コースが置かれている4年生の大学を卒業すると受験資格を得ることができます。
また、大学の獣医学科、薬学科、保健衛生学科などを卒業した人で、医用工学概論、臨床検査総論、臨床生理学、臨床化学、放射性同位元素検査技術学の各科目を修得している人も受験資格を得ることができます。

臨床検査技師を知るリンク集

臨床検査技師のポータルサイト 相互リンク
今日の検査室(日記)、医療ミス、シスアド、病院の裏話、故郷(藤沢町大籠の応援ページ)、各種掲示板。
臨床検査の館 相互リンク
検査値の読み方、検査項目と病態との関係。
臨床検査技師のお部屋
臨床検査技師の仕事解説、論文抄録、リンク集等。
臨床検査関連リンク集
技師会、技師養成校、病院検査室等、臨床検査に関するリンク集。
臨床検査技師国家試験受験生の部屋
社団法人 日本臨床衛生検査技師会

-臨床検査技師
-,

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2017 AllRights Reserved.