臨床工学技士

臨床工学技士の仕事

投稿日:

臨床工学技士の仕事

臨床工学技士は、医師の指示に従って、生命を維持・管理する装置を操作し、使用前後に装置の保守点検を行なう医療機器のスペシャリストです。
主要な医療機器には、腎不全の治療をする装置である人工透析装置、心臓手術の際、患者の心臓と肺の機能を代替する人工心肺装置の操作、ICU(集中治療室)などで患者の呼吸を補助する人工呼吸器、心臓のリズムを整える体外式ペースメーカー、心臓停止時に患者に電気ショックを与え救命する除細動装置などの準備や操作があります。
高齢化が進み生活習慣病である、慢性腎臓疾患の患者が増加しています。機能の低下した腎臓に代わって血液中の老廃物や余剰水分を取り除き、血液を浄化して正常に戻す人工透析を受ける人が多く、人工透析装置の操作が、臨床工学技士の主要な仕事の一つになっています。

臨床工学技士になるためには

臨床工学技士になるには国家試験に合格しなくてはいけません。
厚生労働大臣の指定する大学(4年)か、専門学校(3年)、臨床工学技士課程過程(1年)を卒業すると受験資格を得ることができます。

臨床工学技士の実状

臨床工学技士の勤務
病院、人工透析センター、救命救急センターなど医療機関に就職する人がほとんどですが、まれに医療機器メーカーに就職する人もいます。
病院や救命救急センターに就職した場合は、緊急手術や夜間の人工透析など、就労時間が不規則で、まだまだ臨床工学技士の人数も少なくハードワークなることが少なくないでしょう。
臨床工学技士の収入
医療機関に就職した場合の初任給は平均で約15万~20万円で、病院関係の専門職種の中では高い金額になっています。

臨床工学技士サイト「DUO is CE」 相互リンク
臨床工学技士について
臨床工学技士なぜなに大辞典
臨床工学技士になる方法、国家試験、学校、仕事内容等の情報。
臨床工学技士リンク集
臨床工学技士に関するリンク集。学会やセミナーの開催情報、学校一覧、認定資格、研究会の情報、医療関係ニュース等へのリンク。
臨床工学技士 Clinical Engineer
臨床工学技士の紹介、生命維持管理装置の動画等。
時代が必要とする臨床工学技士
臨床工学技士の業務をビデオで紹介。
臨床工学技士のひとりごと

-臨床工学技士
-

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2017 AllRights Reserved.