救命救急士

救命救急士の仕事

投稿日:

救命救急士は消防署に所属しており、救急車で現場に駆けつけ、心肺機能や脈拍が停止している状態など重篤な病人やけが人に対して、救急車に搭載されている端末機によって医師の指示を受け、気道の確保や心拍の回復など高度な応急処置を施す仕事です。
1991年4月に救急救命士法が成立し誕生した比較的新しい職業で、重傷患者の人命救助に大きな役割を果たす活躍が期待されています。
消防署の一般救急隊員ではできない処置が、救命救急士には認められています。
1.心肺停止者に電気ショックや薬剤投与で心臓の拍動を正常に戻す
2.呼吸停止者に挿管して気道を確保し、肺に空気を送る
3.点滴で血液循環を確保する

○豊富な受験データや過去の出題傾向分析した独自の学習ポイント
「合格方程式」で受講生を支援。全国教育振興会の救命救急士学校受験対策

救命救急士になるためには

救急救命士は国家資格です。そのため、救急救命士になるためには救急救命士国家試験に合格することが必要になりますが、試験には受験資格が必要です。
これは救急救命士法34条で定められた救急救命士養成所で所定の単位を習得した者にのみその資格が与えられます。
また、救急救命士の勤務先のほとんどは消防署であるため、消防官採用試験にも合格することが必要です。(そのほかはの勤務先は自衛隊、海上保安庁、警察など)
救急救命士になるためのルートは大きく2つあります。
①2年制の救急救命士養成校を卒業する
・高校を卒業後、救急救命士養成所で2年間学び、救急救命士国家試験を受験して合格する。
・消防官採用試験を受けて合格する。
※救急救命士の資格が取れても、消防官採用試験に合格しなければ救急救命士として働くことはできません。
②資格取得前に消防署へ勤務する
・大学、短大、専門学校を卒業後、消防署の消防官採用試験を受けて合格し、消防署で消防隊員として勤務をする。
・6ヶ月以上養成校で救急業務に関する講習を受ける。
・5年以上または2000時間以上救急業務を経験し、救急救命士国家試験を受験し合格する。
※救急救命士の資格がなくても、救急車に同乗することは可能です。
いずれのルートにおいても、救急救命士は消防署での勤務となるため、消防官採用試験に合格することが必要です。消防官採用試験は公務員ということで人気があります。試験の倍率は10倍前後と高くなっており、難関であることを覚悟しておいた方がいいでしょう。
なお、自治体によっては救急救命士資格取得者を優先的に採用する枠を設けているところもあるため、そうした自治体を探して受験するのも一つの手段です。

○豊富な受験データや過去の出題傾向分析した独自の学習ポイント
「合格方程式」で受講生を支援。全国教育振興会の救命救急士学校受験対策

救命救急士を知るリンク集

めざせ救命士&救急認定看護師!! 相互リンク
救急救命士&救急認定看護師を目指して勉強中!!
あさみノート
基礎医学、臨床救急医学のノート公開。
救急救命士の現実パラメディック119
救急隊員による。救急機材の紹介、現場報告等。
生命の星
救急救命士による心肺蘇生法や応急処置等を解説。
鈴木哲司 救急救命士
The Way To ETM
アメリカで救急救命士を目指す日本人の奮闘日記。
全国救急救命士教育施設協議会
救急救命士養成大学、専門学校の組織。教育科目紹介等。

○豊富な受験データや過去の出題傾向分析した独自の学習ポイント
「合格方程式」で受講生を支援。全国教育振興会の救命救急士学校受験対策

-救命救急士
-,

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2017 AllRights Reserved.