医療事務

医療事務として働くために

投稿日:

医療事務として働くために必須の資格はなく、高校や大学を卒業後すぐに就職可能ですが、医療事務系の専門学校から就職する人が多いようです。
医療事務は、医療全般に対する広い知識と医療保険システムについての深い理解が必要なので実務能力を身につけたり、専門学校で学び、医療事務関連の民間資格や技能検定を取得しているのが望ましいでしょう。
また専門学校やスクールに通ったり、通信教育を受けて勉強するのも有効です。
主な資格には、日本医療教育財団の行なっている医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)、診療情報管理技能認定試験、ケアクラーク技能認定試験、医事オペレータ技能認定試験、医療秘書技能認定試験、調剤報酬請求事務技能認定などがあります。

>>人気No1、ユーキャンの医療事務講座
>>学習から就業までをトータルにサポートニチイの医療事務講座

-医療事務
-

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2017 AllRights Reserved.