アートセラピスト

アートセラピストの仕事

投稿日:

アートセラピーは感情や感性を芸術によって表す心理療法で、絵画や彫刻などの創作活動を行なうことによって、ふだんは使用することが少ない右脳を活性化することによって、心の傷を癒したり、自発性を高めたりしながら患者の社会復帰を促します。
アートセラピストは能活性化カリキュラムをもとに、アートセラピーを施し、医師やカウンセラーと協力し患者をサポートします。
しかし、現時点ではアートセラピストとして国が認めている資格はなく、アートセラピーを行っているのは、カウンセラーや臨床心理士、精神科医などが治療の一環として行なっています。また、介護福祉士やホームヘルパーなど福祉職の人が、仕事の幅を広げるために勉強することも多いようです。

アートセラピストになるためには

アートセラピストは現時点では国家資格や公的資格はなく、スクールなどの養成講座を終了後に民間の資格を取得することになります。
また日本にはまだアートセラピストという国が認めた職業はありません。
受講期間は学校によって異なりますが、1年程度の期間が多く、通信教育も可能です。

アートセラピストのリンク集

アートセラピー・イン・ジャパン Art Therapy in Japan
アートセラピーパーク
芸術療法とカラーセラピーの部屋

-アートセラピスト
-,

Copyright© 医療・介護・福祉の仕事情報室 , 2017 AllRights Reserved.